FC2ブログ

文京区江戸川橋 女性専用常温ヨガスタジオ

スタジオ ラストリカート 有楽町線江戸川橋駅4番出口徒歩30秒です。

Entries

ヨーガにおける8つの部門

皆様、こんにちは!

インストラクターの遠藤です。

以前にアーサナだけがヨガじゃない!アーサナはヨーガの8つの要素のひとつに過ぎないとお伝えしましたので、今日は8つの要素についてお話したいと思います。

1 禁戒=ヤマ
「道徳的な戒め」のこと。普段の行動から心のあり方まで「すべきではないこと」

2 勧戒=ニヤマ
「道徳的な規律」のこと。振る舞いや自分と向かい合う姿勢において「心がけること」

3 坐法(体位法)=アーサナ
ヨガの特徴でもあるポーズのこと。もとは瞑想を行うための坐法からきていて、アーサナの本来の目的は、長時間の瞑想に備えて心身を浄化すること。身体のコントロールが、精神の平安につながる。

4 調気(呼吸法)=プラーナーヤーマ
プラーナは「気」のこと。ヨガの伝承では100種類もの呼吸法があると言われるが、基本は呼吸を意識的に行い、呼吸の変化によって内なる自分が変化する様子を観察していく。

5 制感=プラティヤーハーラ
感覚器官を外界から離して、意識を内面に向けて行くこと。自分の内側から響いてくるものに意識を集中させることで、外側に向かう心の動きをコントロールできるようになる。

6 凝然=ダーラナ
ある一点に心を集中させ、意識を一つに集約して行くこと。心が定まれば、何事も恐れることなく自由に全力を投入することができる。

7 静慮(瞑想法)=ディヤーナ
一点に絞られた意識をさらに深め、何物にもとらわれない状態を生み出すこと。常に平静で穏やかである状態である状態。日本では「禅」と同じ意味。

8 三昧=サマディー
三昧とは「一つになる」という意味。瞑想の完全な境地で、宇宙と一体化した超越の状態。悟り、解説を意味し、どのような状況にあっても常に至福に満ちた境地にいられる。

1、 2、3 外に向かう行法
4、5 内面に向かう行法
6、7、8 心の奥に向かう行法

ハタヨーガは、3坐法 4調気 7静慮を重視し、「調身=調息=調心」の三位一体を目指すヨーガです。

次回は、1禁戒=ヤマ 2勧戒=ニヤマ について詳しくお話したいと思います。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

プロフィール

ラストリカート

Author:ラストリカート
★ヨガスタジオ

左側のオレンジ色の扉が、スタジオの入口になります。

営業時間、スケジュール等は、オフィシャルページをご覧ください。

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR